スポンサーリンク

新潟のデカ盛り店厳選6選!あなたはこのビッグサイズに必ず満足できる!

生活

世の中、第何次ブームかわからないほど、大食いのブームです。
大食いをテーマにして人気のYoutuberはたくさんいます。

大食いのジャンルの中でも、デカ盛りのお店を紹介するテレビ番組なども人気ですよね。
大食いタレントのギャル曽根さんが活躍する日本テレビの「有吉ゼミ」では、デカ盛りのお店が頻繁に登場します。

グルメ王国の新潟でも、デカ盛りのお店がありますので、今回は、ビックサイズにきっと満足できるデカ盛りのお店を紹介しちゃいますね。

スポンサーリンク

北京 柏崎市

柏崎市のラーメン、ギョウザの中華料理屋の「北京」。
1970年の創業以来、40年以上も地元客に愛され続けています。

地元に限らず、遠方のファンも多いんです。私は遠方からです。
デカ盛りは、創業当初から変わらないのが自慢で、中でもあんかけ系のゴハンにファンが多いです。私も、「うま煮ライス」をぼぼ毎回、注文します。たまに、麺に浮気しますが。

香ばしい醤油味に、これでもかとたっぷりの野菜が入って、この味を凝縮するあんかけが、また、ぴったりなんです。

この「うま煮ライス」のライスは、なんと驚愕の1合半、総重量なんと1キロ超です。

それでいて780円とリーズナブルすぎる値段に、圧倒されます。
「うま煮ライス」が、超おすすめなのですが、もちろん麺類も豊富です。

マーボー麺や、もやしラーメンなどが人気です。

萬来 柏崎市

またもや柏崎市のお店です。食堂 萬来(バンライ)

このお店は、TBSジョブチューン『やりすぎ食堂』にも出演したお店です。

店主が、体調を悪くしてお店に立てない時に、かわりにお店に立って料理を提供した女将さん。

女将さんが大食漢で、自分もたらふく食べたいので、お客さんにもたっぷりいっぱい食べてほしいという思いからデカ盛りが始まったんですよね。

常連さんが、デカ盛りを喜んでくれたので、ますますデカ盛りの量が増えていったそうですよ。

ここのカツカレーが美味しんですよ。ごはんとカレーの間に山盛りのキャベツが、しゃきしゃきしていて、食感が美味しんです。

デカ盛りは、複数人での取り分けは禁止なんですが、食べれなかった分は持ち帰りOKなので、安心して頼めるのもうれしいことです。

喜味屋食堂 長岡市

次に紹介するのは地元長岡市のデカ盛りのお店「喜味屋食堂」
場所は、JR長岡駅から車で15分くらいの住宅街にあります。

この喜味屋食堂でのわたしの超おすすめは野菜炒め定食(大盛り)です!きっぱり!
なんと野菜炒めの高さが12センチオーバーもあるんですよ。

ごはんも、しっかりとデカ盛りです。2合半もあります。
これだけのデカ盛りで、お値段が1000円。ポカーンです。安すぎです。

本当に、大食いフードファイターの聖地なんです。
野菜炒め以外にも、チャーハンやカツカレーもおすすめです。

チャーハンは、しっとり系です。
また、長岡名物の洋風カツ丼も、人気です。

今は、テイクアウトもできますので、ぜひ。

クッキングフォレスト 新潟市

次は、洋食店のデカ盛りのお店を紹介します。
「クッキングフォレスト」さん。

新潟市中央区にあります。
サラダ、お味噌汁、スープはセルフサービスなんで、これもうれしいです。

洋食屋さんなんで、私のオススメは「チーズハンバーグカレー」です。

私だけでなく、お店の人気ナンバーワンだそうですよ。
ただ、カツカレー、ミックスグリル定食も捨てがたいです。

ご飯は、大盛りで2合、特盛で1kg以上です。
値段もすごいよ。大盛り50円増し、特盛はなんと100円増し。

普通のお店で大盛りでも、100円ってところ多いですから、これまたコスパ高し。
お茶碗に、こんもり山のごはんが、デカ盛りを象徴しています。

人気のお店なので、いつも駐車場はいっぱいです。
しかも、営業時間は、11:30-14:30のお昼のみなので、早めに行かれることをおすすめします。

日曜日は定休日です。

 

七福食堂 上越市

新潟の南の方の上越市からのデカ盛りのお店を紹介しますね。
上越市は、かなり遠いので、頻繁には行けないのですが、いくときには、この七福食堂に伺います。

アットホームな雰囲気が、どこか懐かしさを感じさせてくれます。
ここに来たら、注文するのが、「オムライム大盛り」です。

上に乗る卵は薄く焼き上げているのが特徴なんですよ。
ケチャップライスは、大盛りになると2キロくらいにもなるデカさ。

さすがに食べきれない場合は、お持ち帰りもOKなんです。
そして、禁断のシェアもOKなのは嬉しいですよ。

オムライスと人気を二分するのがチャーハンです。
新潟県内のなかでは、上越地方は、デカ盛り店が少し少なめなので、この七福食堂は、貴重な存在なんですよ。

表の看板に、上越最強を歌っているのも、さすがですね。

はりま屋 新潟市

最後に、新潟大学にほど近いところにお店を構える「はりま屋」さん。

新潟大学に近いため、ランチタイムには、学生さんがわんさか店に押し寄せていますよ。

学生街のため、デカ盛りは当然ながら、さらに安さで、学生を惹きつけます。
丼ものは、大盛りの更に上があります。その名もジャンボ。

特盛でなく、ジャンボってところが、学生を惹きつけます。

大味ではなく、味も超がつくほど、美味しいので、味よし、量より、値段よしの三拍子がそろっているお店です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました